2021年卒
高知工科大学
硬式野球部
H.Mさん
Slider
Q.どんな学生生活を送ってきましたか?

大学1年生の頃は野球の練習が5割、授業2割、バイト3割に力を入れた生活を送っていました。
ただこのまま大学生活を終えるのもちょっと違うなと考える時期がありました。プロ野球選手になれる訳でもなくただ練習するのも時間がもったいないなと思ったの同時にもっと時間を有意義に使い、今しかできないことをしようと考え、某プロ野球チームのインターンシップに大学2年生から参加することになりました。またそのタイミングで、選手を引退し、主務として野球部に在籍することになりました。

このインターンシップをきっかけに働くということの意義や主務を担うことにより、今自分にできることを考える大切さを身をもって体感しました。この経験は一生の財産となりました。
また大学3年生では、野球部として大学初となる全日本大学野球選手権大会に出場を果たしました。個人的なこととしては四国のプロ野球独立リーグの四国アイランドリーグPlusが6月〜7月にかけて行った北米遠征に学生スタッフとして参加しました。この2つの経験は自分自身の可能性や考え方、視野を大きく広げることが出来、人生の中で1番濃い1年となりました。

Q.就職活動について教えてください。

本格的に就活を始めたのは、大学3年生の2月です。

はじめは、スポーツ業界をメインに企業を探していました。その後、合同説明会やドラフトチャレンジを通じ、ただスポーツが好きだからスポーツ業界と考えていたことに違和感を感じ、様々な業界を見ました。

業界は絞らず、合同説明会など直接、お会いした企業の中から仕事内容が自分に合っていると思った企業をエントリーしました。ただでたらめに何十社にもエントリーはせず、1社に全力を注げ妥協することが出来たと同時に、その企業に真剣に向き合うことが出来ました。

その中でも自分が選社軸ににしたのが、誰と働くのかというものです。同世代と競い合い、ライバルでありながら、仲間であるという環境があることが自分には合っていると思い最重要要素として企業を選択しました。

Q.就職活動について教えてください。

本格的に就活を始めたのは、大学3年生の2月です。

はじめは、スポーツ業界をメインに企業を探していました。その後、合同説明会やドラフトチャレンジを通じ、ただスポーツが好きだからスポーツ業界と考えていたことに違和感を感じ、様々な業界を見ました。

業界は絞らず、合同説明会など直接、お会いした企業の中から仕事内容が自分に合っていると思った企業をエントリーしました。ただでたらめに何十社にもエントリーはせず、1社に全力を注げ妥協することが出来たと同時に、その企業に真剣に向き合うことが出来ました。

その中でも自分が選社軸ににしたのが、誰と働くのかというものです。同世代と競い合い、ライバルでありながら、仲間であるという環境があることが自分には合っていると思い最重要要素として企業を選択しました。

Q.リードエフォートについて教えてください。

リードエフォートさんとお会いしたのは2月のドラフトチャレンジというイベントです。自分自身にとっての就活のスタートがこのイベントでした。何も準備せず参加し、思った様なことが喋ることが出来ず、就活開始そうそう心を折られました。ただ逆に開き直ることができ、これ以上、下がることはないだろうと思えました。ドラチャレ後に、代表の山下愛斗さんとお話させていただく機会があり、後日面談をさせていただきました。愛斗さんとの面談を通じて「自分は何をしたいのか」「どういう人生を歩みたいか」を考えるとても大事な時間となりました。また自分に合った企業も紹介して頂き、紹介して頂いたのがネクサスエージェントさんでした。愛斗さんとの出会いがあったからこそ、就職活動、就職さらにその先を描くことが出来ました。

Slider
Slider

学生・求職者の方へ

LINE公式アカウント
ツナガル就活

当社のサービスは全てLINE公式アカウント”ツナガル就活”より情報配信いたします。お友達限定で1対1のキャリア面談やセミナーに参加可能。

あなたの就活を全力でサポートします!

キャリアWEB面談の予約

イベントやセミナー
の情報配信

紹介サービス
ご利用可能に

チャットで
お問い合わせ

Slider