鳥取大学 工学部 サーフィン部 H.Tさんの就活VOICE

今回は、鳥取大学 工学部 サーフィン部 H.Tさんにご自身の就職活動についてお話を伺いました!

学生時代の体育会活動を教えてください。

小学校・中学校・高校と一貫して野球をやっていました。また大学で何か新しいことにチャレンジしたいと思い、体育会サーフィン部に所属しました。

就活を始めた時期はいつ頃ですか?

本格的に始動したのは、大学3年の10月頃です。それまでは自己分析・業界研究を何となく始めていたという程度でした。ただ早い段階でインターンに行き、社会を知ることは大切だなと感じました。

体育会の経験は就活に役立ちましたか?

小中高と野球をやっていたこともあり、人とコミュニケーションを取ること・一致団結して物事に取り組むことが好きで、就活に直結して活きたと思います。また大学からサーフィンにチャレンジした経験は自己PRのエピソードとして活かすことができました!

入社先を決めた理由は何ですか?

就職活動を行う中で、自分がどうなりたいのか。どんな人生を歩みたいのか。悩む時期がありました。そんな中で、入社先の企業と出会い、自分の性格や志、大学で学んだ専門性がマッチしていると感じたので入社を決意しました。

“ドラフトチャレンジ”に参加してどうでしたか?

色んな分野、価値観の会社があるということに気づけました。世の中の会社のことだけでなく、自分自身の方向性を知るきっかけになったと思います。また就職活動のことだけでなく、人生の楽しみ方やビジョンの形成についてセミナーを受けることができ、自分の人生と向き合うきっかけとなりました!

入社後の業務内容とどう感じて仕事していますか?

現在入社して約3週間になるのですが、主にビジネスマナーや基礎知識の研修を受けています。会社という組織の大きさや一体感に対する驚きや、仕事はもちろん自分の普段の行動も会社や世の中に影響を与えるんだという責任感を感じています。 一方で、自身の活動が社会に貢献できるやりがいや楽しさも感じています。

学生時代にやっていたら良かったことはありますか?

僕が入社した先の会社では、英語を使う場面があるので英語の勉強をしておけば良かったと思ってます。これは現時点で感じることで、恐らくこれからその他やっていたら良かったと思えることが出てくると思います(笑)

就活を始める体育会学生へメッセージお願いします

将来のことが不安になったり、自分のやりたいことが見えなくて迷うこともあるとは思います。色んな考えを持った人たちがいて、会社があって、すごく悩む時期だと思います。だけど、不安になることも迷ったり悩むこともすごく大切なことで、そういう経験を通してでしか見えてこない部分があると僕は思います。焦らず地に足つけて、最後まで諦めずやり切って欲しいと思います。応援しています!