1年の留学を経て、新たな自分を見つける為にインターンへ

高知大学 経済学部 4年 部 K.Hさん

今回は、高知大学 経済学部 4年 部 K.Hさんに弊社代表の山下と面談を通じて感じたことをお伺いしました!

今はどんな状況?

現在は就職活動をしながらリードエフォートにて営業インターンを行っています。大学は高知でしたが、大阪に引っ越し、就職・インターン活動を行なっています。また昨年までは1年間オーストラリアへ留学をしていたので英語の勉強も継続して行なっています。

面談のキッカケは?

オーストラリア留学中、これからのキャリアプランについて考えていた時期がありました。当時私は自分でいくつかキャリアプランを考えていましたが、どれもまだまだしっくりときておらず、学生時代からお世話になっていた愛斗さんに相談したいと考え、連絡させていただきました。愛斗さんと初めてお会いしたのは大学3年。それから約3年ほど、常に気にかけていただいていました。同時に愛斗さんが起業やアメフトチームを創部し、活躍する姿を拝見するうちに、憧れを持つようにもなっていました。「アメフト選手、ビジネスマンとして尊敬する愛斗さんにこれからの人生について相談したい。」そんな想いでメッセージを送ったことを覚えています。

面談で感じたことは?

面談を通じて僕は新しい目標ができ、歩き始めることができたと感じています。面談では人生プランについて相談を始めましたが、そこから自分が何になりたいかというビジョンの話になりました。僕は「愛斗さんのようになりたい」と答えました。アメフトでもビジネスマンとしても尊敬する愛斗さんのように純粋になりたいと感じていたからです。愛斗さんは「それならうちでインターンでインターンをしてみるか?アメフトはうちのチームでできるし」と提案してくださいました。アメフトをすること・就活をすること・インターンをすること、当時の僕がこの一年でしたかったことが全て叶えられる環境を提案してくださったのです。愛斗さんとの面談がなければ、実家でだらけながら少し英語の勉強をしながら就活をしていたかもしれません。新しい目標のため動き出すことができたのは、この面談がきっかけでした。

愛斗社長はどんな人?

愛斗さんは学生の想いをしっかり聞き出してくれます。また、それに対して必要なこと、できることは惜しみなく提供してくださいます。僕が面談をしていただいたのは愛斗さんが事業の立ち上げとアメフトチームの立ち上げを同時に行っている時期でした。そんな中、僕の話を3時間も親身になって聞いてくださりました。ここまでじっくり面談をしてくださる方は他にいませんでした。僕自身、就職エージェント等相談させていただく機会が何度かありましたが、まだ話終わる前に多くのエージェントさんが「まとめるとこういうことですよね?」と話をまとめ、次の方向性を決めようとしていました。愛斗さんは意見をストレートに言ってくださります。しかし、考えを押し付けることはしません。決めるときには必ず自分です。だからこそ、自分が納得して次の行動を始めることができます。本当に納得するまで相談できる。そんな方は他にいないと思います。また、多くの就活サイトでは「就活はまず自己分析から」と謳っています。僕がそうであったように、自分で自分のことを知るというのはとても難しいことだと思います。でも人に話し、人から話を聞くことで少しずつ自分がわかるようになってきます。愛斗さんは話の中から、自分の人物像、良いところ、悪いところは何なのか、しっかりと教えてくれます。つまり自分の知らない自分の姿を見つけることができるんです。人生を誰よりも謳歌したい。どうなりたいか悩んでいる学生は、愛斗さんとの面談をオススメします!

インターンシップで感じることは?

インターンシップでは、毎日密度の濃い時間を過ごすことができていると思います。これはまず共に上を目指す仲間がいること、そして愛斗さんのすぐ隣で学べることの二つが大きく影響してくると思います。インターンシップに参加している学生は「将来起業をしたい」・「成長したい」リーダーとして多くのことを学びたい。といったような志の高い学生が集まっています。インターンに参加できなかった日は、その日学んだことを電話でアウトプットし合うといったように毎日切磋琢磨することができます。また、愛斗さんは僕たちの成長のためには時間を惜しみません。頻繁にセミナーを開催してくださったり、学習のツールを提供していただく等、常にサポートをしてくださります。ただし、重じているのは積極性。自分で考えて行動することで圧倒的な成長を感じられます。また、愛斗さんの働き方を隣で見ることが出来るのも大きな強みです。実際の社長業・営業・アプリ構築・Twitterやホームページ運営を行なっている姿、規律や礼儀などを社長のそばで吸収することが出来るのはあまりないと思います。特に起業を目指している人には社長としてどのように事業を進めていくのか学ぶことが出来る貴重な場になると思います。