株式会社ケミカル工事-向き合うのは「国民の生命と財産を守る仕事」-

株式会社ケミカル工事-向き合うのは「国民の生命と財産を守る仕事」-

社長の想い

向き合うのは「国民の生命と財産を守る仕事」―市場は莫大であり「いくらでも成長できる会社」それが我々の会社です。現在の日本は高層ビルや公共施設といったインフラが全て整い、建設のピークが過ぎました。これから必要となるのは、それらの補強・保守・メンテナンスです。地震や災害などで被害を受ける前に、より強くして倒壊を未然に防ぐ、それが我々の仕事です。正直、未発達の領域であり、我々のように創業以来44年の歴史を持ち、大きな規模で取り組んでいる会社はありません。業界のリーディングカンパニー的な存在です。他社に負けない技術力を持って、国民の生命と財産を守ります。

株式会社ケミカル工事-社長の想い

何をやってるの?

コンクリートの表面や内部の調査を行う「調査・診断」部門。様々な劣化状況に対して原因を把握し、補修・補強を行う「工事」部門。
特殊機械や特殊工法で困難な補修を行う「特殊」部門などがあります。支店は、全国4支店、営業所を含めると全国各地にわたります。コンクリート構造物はトンネル、道路、上下水道、橋梁、鉄道、港湾など多岐にわたるため、活躍フィールドは広がる一方です。創業40年を超える歴史と伝統を守りながら、これからも事業領域を拡大し続けます。

なぜやるのか?

老朽化する社会インフラが5割を超える時代が、いよいよ始まってきています。今の日本にとって、構造物を新たに作り替える事は状況から考えても現実的ではありません。今後は限られた予算を有効に使い、社会インフラを「100年」持たせる大補修時代なのです。やがて来る大補修時代を見越し、46年前から維持管理のスペシャリストとして活躍してきた当社に対する需要はこれからも高まるばかりです。「コンクリート構造物の維持管理の専門家集団(コンクリートドクター)」としてこれからも高い技術力で活躍し、社会貢献していきます。