日本初「交通費がもらえる0円就活アプリ」ダイレクトリクルーティングサービス「HUDLOOK」(ハドルック)を3月9日より提供開始

株式会社リードエフォート(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役社長:山下愛斗、以下「リードエフォート」)は、体育会学生特化-0円就活アプリ-『HUDLOOK(ハドルック)』(以下「本サービス」、公式URL:(https://hudlook-dev.web.app/)を2020年3月9日(月)にリリースいたします。体育会学生と企業が、知る・会うまでのハードルを下げ、入社後のミスマッチと人手不足問題を食い止めます。

●企業様ページ:https://www.lead-effort.com/hudlook/
●学生ユーザー登録:https://hudlook-dev.web.app/
本アプリは ブラウザ版の先⾏公開となります。(iOS 版・Android 版は8月公開予定です)※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

■体育会学生特化-0円就活アプリ- 「ハドルック」とは
日本で初となる交通費や宿泊費がもらえるダイレクトリクルーティングサービスです。学生・企業双方がダイレクトにアプローチできることに加え、学生は企業訪問にかかる費用をエントリーフォーム上で申請することができます。エントリーを受けた企業は、学生のプロフィール・エントリーフォーム内容から支給金額を決定し、来社当日に交付金額を支給する仕組みとなります。

体育会学生は、全国の大学生のなかでわずか7~8%と希少性が高く、大手人気企業では新卒採用の3割〜4割が体育会学生で占めるなど、体育会学生の需要の高さが分かります。加えてスポーツ庁が2019年に設立した日本版NCAAユニバスが追い風となり、体育会学生の採用需要はより高まると予想されます。しかし、通年採用が本格化し長期化する就職活動において、就活にかかる時間・費用は体育会学生にとって大きな負担となります。就活強者と言われる体育会学生ですが、その実情は長時間の練習による時間的制約や部費、医療費による金銭的圧迫などにより就職活動自体がハードルの高いものとなっています。さらに地方体育会学生においては、都市部の学生に比べ1.5倍の就活費と移動時間が大きな課題となっています。(2019年卒就活平均費用:全国平均16万1,312円・関東平均12万7,664円・地方平均18万2,633円)そこでハドルックを通じて、体育会学生の就活サポートをより充実させる事を目指し、リリースに至りました。

■ハドルック サービスの仕組み

HUDLOOK交通費支給・web面談が行える就活アプリ

【POINT1】交通費・宿泊費支給による金銭的課題を解決
【POINT2】オンライン面談や希望する場所での面談(説明会・面接)で金銭・時間的課題を解決

■今後の展望
アプリリリース事前登録では、体育会学生ユーザーが1000名を突破しました。「出会えて良かったをクリエイトする」というミッションのもと、体育会学生が抱える「金銭的・時間的」課題と企業側が抱える「採用にかかるコスト・マンパワー・認知度」の課題を解決し、今までにない就活プラットフォームを提供いたします。

■体育会学生特化 0円就活アプリ「HUDLOOK(ハドルック)」の概要
 サービス名  :HUDLOOK(ハドルック)」
 サービス概要 :交通費・宿泊費がもらえるダイレクトリクルーティングサービス
 企業様専用ページ:https://www.lead-effort.com/hudlook/
 ユーザー向けページ:https://hudlook-dev.web.app/
【株式会社リードエフォート 会社概要】
会社名:株式会社リードエフォート
設立日:2018年12月
代表者:山下 愛斗
所在地:兵庫県尼崎市潮江2−39−36
連絡先:06-6495-0203 / info@lead-effort.com