三和建設株式会社-ひとことで表すなら、「ゼネコンらしくない会社」-

社長の想い

三和建設をひとことで表すなら、「ゼネコンらしくない会社」建設業って… なんとなくダークなイメージ。これが世間一般に浸透している気がします。でも私たちはそう考えません。どうせなら、前向きなほうがいい。私たちは建設業界の新しい価値観を発信していきます。創立から70年以上の歴史のある当社ですが、老舗っぽくないベンチャー感があるのは社員全員が「主役」として「スペシャリスト」として活躍し、とにかく前進することをやめない企業だからです。

三和建設株式会社 代表取締役社長森本尚孝(もりもと ひさのり)一級建築士1級建築施工管理技士宅地建物取引士早稲田大学 環境総合研究センター 招聘研究員
1971年 京都生まれ
1994年 大阪大学 工学部 建築工学科 卒業
1996年 同 大学院 工学研究科 建築工学専攻 修了鹿島建設株式会社 入社(建築施工管理)
2001年 三和建設株式会社 入社
2008年 同 代表取締役社長 就任

三和建設株式会社-社長の想い

著書:『「使える建物」を建てるための3つの秘訣』『人に困らない経営』『やらない を やる でファンを作り出す三和建設』

何をやってるの?

そもそも三和建設にはやらないことのほうが多い!?「何でもできるは、なにもできないのと一緒」その考え方から、私たちはブランディング戦略でお客様に選ばれる存在であり続けます。ゼネコンながら自社ブランドがあり、やることを明確にすることでお客様から選ばれる存在になり、企業の永続を目指します。

三和建設の主な事業は3つ
◆食品工場建設◆スケルトン・インフィルとルネス工法を合わせたマンション建設◆機能が絞られた専用倉庫の建設これらをブランド化し、選ばれるための工夫・差別化をしています。
食品工場の課題を解決する「FACTAS」、土地と住宅の価値を長期的に高める「エスアイ200」、ジャストスペックの倉庫を提供する「RiSOKO」。この3つしか建てない。逆に言えばこの3つのエキスパートであるといえます。

なぜやるのか

経営理念は『つくるひとをつくる®』すべてはひとがつくります。だからつくるひとをつくります。この理念が三和建設のすべての根幹であり、意思決定の基準です。とてもシンプルですが、語りつくせないくらいたくさん想いが込められています。「働きがいのある会社ランキング」6年連続ベストカンパニー選出もこの理念のもと、社員がイキイキと働ける環境づくりにチャつくるひとをつくる建物、技術、価値、お客様、信頼、社会、仲間、社会、歴史。チャレンジし続けていることの結晶です。